風の音~*雲の色~*空の愛






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


28話 もうふりかえらない :: 2010/04/29(Thu)


fiower2401 小説『微笑みはいつまでも』  28話UPしました
 
          読んで 感想 聞かせてくださいね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




      オッコには亮が何を言っているのか理解ができなかった 

          有信に頬を殴られた そんな出来事は全く知らないオッコだったのだ


             flower.gif



亮は 日本を発つ前日に有信に呼び出され 『オッコはオレが守る』 言った後 亮の頬にパンチを!

それから オッコと有信の出会いは決して偶然ではなかったことを話した。

それを聞いたオッコは 有信の見えない優しさに改めて触れ 今の夫が有信であってほんとに良かったと心から感じだ

亮が目の前にいることも忘れ 涙を思いっきり流し 有信に逢いたい・・・・と一言つぶやいた

そんなオッコを目の前にして 何もできなかった亮は ただ・・・オッコを見守るだけだった。

しばらくして 平静を取り戻したオッコは ぐしゃぐしゃになった顔から 涙を拭い去り 亮に・・・・・

「亮・・・・・過去のことを 水に流してあげる なんてことは言えない。 人生はいろんな道を通って 幸せを探すもの  寄り道、下り坂、上り坂、亮も有信も私も そんな中を通っている 3人 私は今、この瞬間 ほんとの幸せを見つけた気がするの・・・・もちろん今までが 違ってた訳じゃないけど・・・私の心の中の何かが剥がれ落ちたような・・・・  最高の幸せを見つけたんだと。」

オッコの頬はほんのりと桜色に・・・遠くをみつめて微笑んでいた。
 
そんな オッコに何もいえない亮だったが ただ 「オッコ ほんとうにありがとう 彼女を大事にするよ」と言えただけだった。

食事をしたのち もう一軒行かないかと誘われたが オッコは丁寧にことわり 二人は待ち合わせの場所だったいちょうの木下で別れを・・・・

オッコは軽く礼をして 駅の方に 亮は右手を軽く上げたまま オッコの後姿を見えなくなるまで追っていた しかし亮の見つめる間 オッコは一度も振り返ることはなかった。

オッコの心の中では 亮とはこれが最後 二度と会うことはないだろうと 自分自身に誓った。

今はただ・・・有信に逢いたいと・・・・・
 





                          ぽちっ!とおねがいします
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
                                                                     











                            

スポンサーサイト
  1. 微笑みはいつまでも(小説)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<はじまりは 心地良い春風で・・ | top | 今夜もたけのこいかがですぅ~*>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momrin.blog87.fc2.com/tb.php/44-9d8ef367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。