風の音~*雲の色~*空の愛






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


過去にはもう戻れない :: 2009/09/20(Sun)

                        flower_vase03.gif

いちょう並木をただ 黙って歩き続ける二人。

時々顔を見合わせては 何か言いたげね二人だったが どちらも何も言えないまま歩き続ける。

オッコの心のつぶやきは 8年前のこと・・・やっぱり今となっては 知りたい・・・

あの日 あの時何も言わずに去って行った亮が 今、私の隣にいる。

《どうして 何も言わないまま あの時・・・・》と聞きたい心の叫びを 声に出せず 何度も

飲み込んでは、心の中で叫ぶの繰り返しと葛藤しながら 亮の横に並んで歩いていた。

そんな気持ちを繰り返していたオッコ

すると・・・・突然のように亮は

「レストランを予約しているんだ 一緒に食事をして欲しい 話しておきたい事もあるし」

「ええ 」


・・・・・・・・・・・・・・・・flower12・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大人の落ち着いた感じの和風レストラン

2人は個室に通された。


「今日は無理を言って 逢ってくれてありがとう オッコにとっては 逢いたくないヤツだったかもしれないね でも どうしてもあやまっておきたくて・・・・」

「亮・・・・・」


lifi

亮はポツリ ポツリと話し始めた

・・・・・・・・・・・・・・
8年前の事 オッコにとっては悪夢のような事だったかもしれない ほんとうにすまないと思っている

社内の廊下ですれ違い オレの名前を呼んだはちゃんと聞こえた でも 振り向かなかった・・・
 
振り向けなかった・・・出発に日 空港に来てくれていたのも ちゃんと見ていた駆け出して抱きしめ

たかった でも できなかった・・                      ・・・・・・・・・・・・・・          

ここまで話すと 亮はグラスについだビールを飲み干した 額には小さな汗の粒を光らせて

そんな亮を見て オッコは

「もういいよ 過去の事なんて 私はもう大丈夫だから・・・」

もう 聞きたくなかった 真実なんて知らなくていい

ついさっきまでは 真実が知りたくて 心の中で葛藤していた自分がいたはずなのに

とてもつらそうな亮をみていると 過去なんて・・・・と

8年間も知らないままここまで生きてきた 今更知ったところで 過去に帰れることなんて出来ない

私は今の私が好きだ 今は とっても幸せな日々を送っている



                             コピー ~ ico02
                                        



スポンサーサイト
  1. 微笑みはいつまでも(小説)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<彼の過去 | top | お久しぶりです>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momrin.blog87.fc2.com/tb.php/28-95d07c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。