風の音~*雲の色~*空の愛






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ふたりの行方。。。 :: 2009/02/25(Wed)

                    夜の街

全身から音を立てて剥がれ落ちるように 自分を見失い始めていた

なぜ涙が流れるの・・・・何が悲しいの・・・・・

動けないまま立ちすくんでいるオッコに向かって ゆっくりと亮は近づき、包み込むようにやさしく抱きしめた。

girl 04言葉なんていらない
ただ 静かに抱き合ったままのふたり 亮はオッコの髪をなで されに強く抱きしめた。

その瞬間、我に返ったオッコは 亮から身体を離した。

どれくらいの時間だったろう・・・ほんの数分だったに違いないが オッコにはとても長く感じられた そう・・・・時の流れを埋め尽くすほどの長さだったかもしれない。


                     lanp

そんなオッコを前に 亮は・・・

『あ~あ 涙で顔がぐしゃぐしゃ・・鼻も真っ赤になってるぞ ほら・・・』

と笑いながら ハンカチを差し出してくれた。

二人は顔を見合わせ笑わずにはいられなかった。

8月も終わりに近づいてはいたが、夜の街は まだまだ汗ばむほど暑かった

二人は、時々肩を触れ合わせながら 銀杏並木を 黙って歩き続けた。flower2400







スポンサーサイト
  1. 微笑みはいつまでも(小説)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<お久しぶりです | top | 見失っていく こころ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momrin.blog87.fc2.com/tb.php/26-e771aa30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。