風の音~*雲の色~*空の愛






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


まよう心が消えていく・・・・ :: 2008/11/30(Sun)

lace彼からの手紙をうけとった日から 早くも1ケ月が過ぎようとしていた

あるしんは予定通り 明日から名古屋に出張すりことになり オッコは荷造りで忙しく家の中を動いていた

オッコと共に荷造りの最中 あるしんの すっと滑り込ませた言葉に オッコは驚いた

「今日 駅の構内で ばったり亮にあったよ 一時帰国で 日本には半年位いるそうだ 元気にやっているらしい」

「そう・・・」

と一言しゃべるのがやっとのオッコだった

ことりことりことり
この日 亮がオッコに手紙を書いたこと もう一度だけ逢って8年前のことを誤りたいと思っていることを あるしんに告げていた

あるしんにとって 8年前のことなどは どうでもいいと思っていた

8年前オッコを守ると亮に宣言して 事実オッコは自分のもとで幸せに包まれていると確信していた

しかし それは 自分のひとりよがりなのかもしれないと・・・

何も告げられないまま オッコの前から去っていった亮が 今でも心の奥深くに潜んでいるのではないだろうかと・・・

亮の思いを断ち切れないオッコの見えない心をすっきりさせてやることも大事なのではないか

そんな思いをこめて 亮からの告白を聞いて決心した

俺には話さなくてもいい 亮に逢ってすっきりさせるといい そう思い さらりと亮との再会をオッコに話したあるしんだった

                                               ことりことり

あるしんの優しい気持が オッコの心にどう変化をもたらしたかは あるしんにはわかるはずはなかった またオッコ自身みえない力に 心を押されていることすら・・・

翌日 あるしんは名古屋にむかった

亮のことはお互い触れることもなく・・・・



静かな午後 みみかは気持ちよくお昼ね中

そっと取り出した 彼からの手紙を読み返すオッコ その左手には ためらいながらも携帯を握り締めていた


                             flower15




スポンサーサイト
  1. 微笑みはいつまでも(小説)
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<高鳴る鼓動 | top | いつもは幸せなひとときのはずが・・・>>


comment

おはようございます~♪

なんだかドキドキ・・・
そう思いながら拝見させてもらっています~。
こっそりと覗きにきているような気分。
momrinさんって、ホントスゴイと思います☆彡
また、お邪魔させてもらいます~e-266
  1. 2008/12/01(Mon) 08:42:26 |
  2. URL |
  3. 結愛~ #-
  4. [ 編集 ]

v-238結愛~さんへ
いつもコメントありがとうございます
なんだかドキドキ・・・・
そんな言葉うれしいです
時には自分と重ね合わせてみてくださいね
いつでも遊びに来てください
  1. 2008/12/09(Tue) 16:52:22 |
  2. URL |
  3. momrin #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momrin.blog87.fc2.com/tb.php/19-76211098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。