風の音~*雲の色~*空の愛






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


伝えられない どうしても・・・・♡ :: 2009/01/15(Thu)

                   フラワー

あるしんと今 こんなに幸せなのに 今更亮と逢ってもどうなるものではないはず ただ逢いたい そんな気持には逆らえなかった なにかがオッコの背中を押したのだった。

彼は待ってる・・・と言い残したまま電話を切ってしまった。
彼の優しい言葉に 自分の心を抑えることはどうしてもできなかった。

声を聞けば 次は逢いたくなる・・・

目を閉じれば 8年前廊下ですれ違った時に戻れるような気がした。

fiower2401次はあるしんに伝えなければ
すでに時間は夜の12時をまわろうとしていた

あるしんは まだ起きているだろうか・・・疲れているだろう・・・
      fiower2401その時 オッコの携帯に着信音が流れた

あるしんからだった

「オレ~ ずーと電話中だったね こんなに遅く誰と話してたの・・・・」

「あ~ごめんね・・・・・・・・・ しおりとねっ パパが出張中だって言ったら 話がいろいろ盛り上がっちゃって 今度逢おうかって話になった所なの」

「出張がね長引きそうなんだ 一週間では帰れそうにないな~淋しいだろ オッコ・・・
 俺がいないからおもいっきり羽伸ばしてるんじゃないのかな~」

「そんなー 毎日変わらずよっ」

「そうだ オッコのお母さんの所にでもいって ゆっくりするといいよ しおりさんとも逢えるし」

flower2400「ありがとう それより パパちゃんと食事してるぅ パパが倒れちゃうと私もみみかも悲しくなっちゃうからね」

「心配してくれてありがとう 気をつけるよ・・こんな長い出張は初めてだもんな それよりこんな時にごめんよ」

「えっ !! なに?」

「いや ほら 来月はオッコの誕生日じゃないか 誕生日までに帰れるといいんだけど・・ んじゃおやすみ また電話するよ」

「あっ!! パパ ・・・・」

と受話器に向かって叫んだオッコだったけど すでにあるしんからの電話は切れてしまっていた

またひとつ嘘をついてしまった

しおりからの電話だなんて・・・なぜ素直に亮からだったと言えなかったのか・・・

どこから話すべきか・・・あまりにも亮と再会してから時間が流れ・・

ついにあるしんしには 亮とのふただびの再会はどうしても伝えられなかった

心の中に 後悔という文字を刻みつた・・・・ またひとつ 嘘を重ねた自分に・・・・

                                flower12
スポンサーサイト
  1. 微笑みはいつまでも(小説)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


逢いたい気持には逆らえなくて。。。 :: 2009/01/06(Tue)

                 町並み

昔のままの亮の声に触れた瞬間、さらに胸の鼓動は高鳴った。

もう、忘れていたはずなのに・・・・声を聞くとなぜか 心が震える

「もう一度逢ってもらえるかな どうしても逢ってあやまりたい。。。」

「・・・・・・・・・」 言葉にならない オッコ

「あるしんには話したのか? 手紙のことも、偶然に会ったことも・・・」

「いいえ 何も言ってないわ  だって・・・・・・・・・」


亮は 亮自身の口から すべてあるしんに話したことを オッコに話すべきかどうか迷った
どうやら あるしんは 自分と会ったことを オッコには話していないようにさとった 亮は 何も言わないほうはいいのだろうと・・・あるしんにも考えがあっての事だろう・・・

「オッコ   だめかなぁ ちゃんとあやまりたいんだ」

「いいのよ もう・・・ 8年前のことなんて 過ぎたことだもの 私たちは時の流れに逆らうことなく 人生を歩んでいるのだから ・・・亮 気にしないで あやまるなんて・・・いいのよ それに そんな形では逢いたくないわぁ」

★「・・・・・・あと2週間でまた 日本を離れるんだ そしたら また3年位は帰れないと思う・・チャンスをくれないか・・・・逢いたい・・・・ 」

こんなに せつなく すがるように話をする亮を感じるのは オッコにとって初めてのことだ
いつも 自信に満ち溢れて たくましい亮だったはず

心の中で叫ぶ・・・私だって逢いたいよ~
なぜ 黙って私の前から行ってしまったのか・・・今更知っても 過去には戻れるはずは無い 聞かないほうがいいのかもしれない・・・

でも・・・・今だからこそ 逢ってきちんと亮の口から聞いてもいいのかも・・・

逢いたい・・・でも あるしんを裏切れない・・・でも 逢いたい・・・・

「オッコ・・・・」

オッコは自分の気持にはついに逆らえなかった

「亮・・・・私も ほんとは すごく逢いたい でも・・・あるしんに話さないと・・・」

「オッコ! 待ってる 今度の金曜日の夜 銀杏並木のあの場所で・・・7時 いつものように・・・きっとだよ 待ってる・・・」

亮は約束の場所 時間を告げると オッコの返事も聞かず電話を切ってしまった

ツー・ツー・ツー と切れた電話を 耳に当てたまま しばらくオッコは動けなかった

亮のいつものやさしい言葉 せつない声に自分の心は抑えることができなく 逢いたい・・・と言葉にしてしまった 亮はその言葉に 強引にも約束を告げてしまったに違いないと・・・

約束を承諾した訳ではなかったが 逢いたい・・・のオッコの言葉は約束を交わしたも同じ事

あるしんと今 こんなに幸せなのに 今更亮と逢ってもどうなるものではないはず ただ逢いたい そんな気持には逆らえなかった なにかがオッコの背中を押したのだった。


                   flower24





  1. 微笑みはいつまでも(小説)
  2. | trackback:0
  3. | comment:4


再開しました :: 2009/01/06(Tue)

                             tree01

大忙しの年末・・・随分と長い間 更新を休んでいましたが 2009年も幕開け やっと落ち着いた生活ができるようになりました。

マイペースではありますが、再開しました。

読んで下さっている皆さん、感想などお聞かせくださいね
足跡残していただくと 大変うれしいです

今年もどうぞよろしくお願いいたします
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。