風の音~*雲の色~*空の愛






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


よみがえる思い。。。~気持ちのせいり :: 2008/10/27(Mon)

feceheart02わからない 彼のきもち・・・ いつしか涙がほほをつたっていたheart02


悲しかった せつなかった ほんとの事が知りたかった

眠れぬ夜を いく日か過ごした

そんなある日の 会社の帰りに立ち寄った書店で 彼を見かけた

fiower2「亮・・・・」と思わず小さな声で叫んだオッコ  走り寄ろうとした瞬間

彼の肩にふれた細い指 その指をたどると彼女が立っていた

そう・・彼女とは 噂の社長の姪にあたる さやかさん

おもわず 二人から背を向け 逃げるように書店から立ち去った

やはり噂はほんとうだったんだ そんな・・彼に限って・・何かの間違いよね

偶然に出会っただけよね 噂なんて・・・信じない!

頭の中をグルグルといろんなことがまわり ようやくたどり着いた駅

立っていられなかった 駅の壁にもたれかかるように・・・・

そこに 偶然にもあるしんが声をかけてきた

「オッコちゃんじゃないか どうした・・気分でもわるいのか・・?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・無言でうつむいたままのオッコ

flower1ようやく顔をあげ あるしんの顔を見た瞬間

大粒の涙があふれ出た

おもわず オッコを抱きしめる あるしんに もたれかかるように 泣き続けるオッコだった

その夜 あるしんは何も言わず オッコを家まで送ってくれた

そして・・・・・「おやすみ」の言葉だけつげ オッコが家に入るのを見届けていた


ライン


翌日の昼休み 悲しみはまだまだ とまらないが 社員食堂にと向かう途中で

廊下で彼とすれちがった

振り向き 彼の後ろ姿に向かって 「亮・・・・・・」と

彼の足は止まり オッコに背中を向けたまま

「ごめん オッコ 明日 クアラルンプールの発つんだ ほんとに すまない」

オッコの方に振り返ることもなく 彼は遠ざかっていった

涙がまたも ほほをつたった ぬぐっても ぬぐっても あとから あとから溢れ出る涙

彼を追いかけて 理由を知りたかった でも 怖かった 

追いかけては無駄なこと? でも・・・・彼は振り向いてはくれないだろう・・・!

オッコの心と気持ちはばらばら・・・・不安定なまま一日を終え 家路に急いだ

lifiその日は 一晩中泣いた いくらでも溢れ出る涙 涙はかれないんだ・・・・

もう きっと逢えない 逢わないほうがいいんだ 

追いかけても無駄なこと 彼には新しい人生がもう始まっているに違いない

そんな言葉を一人でくりかえし 繰り返し・・・・・・

自分もすべて忘れて 新しい明日に向かって歩もうと・・・・せつない思いは秘めて・・・・

そう誓ったオッコだった


スポンサーサイト
  1. 微笑みはいつまでも(小説)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


よみがえる 思い。。。~彼のこころ :: 2008/10/21(Tue)

              sky04butterfry

そんなオッコが なぜ 今 あるしんの妻に・・・

夢☆同じ会社に勤めていた 彼とオッコ
社内では 2人の関係を知るものは 誰一人いなかった

会社帰りに映画に行ったり 食事をしたり 休みの日には ショッピングと・・・・

ごく普通の交際を1年くらい続けた頃だった

彼に海外勤務の辞令が出るらしいと 社内のうわさに

それと同時に 社長の姪と交際をしているらしいという噂が 秘書課の同僚から・・・


社内の噂は 彼の耳にも届いているはす・・・なのに 何も言わない彼

海外勤務の話は本決まりなのだろうか 社内で彼を見かけることが少なくなった。

flower1秘書課に勤務の 社長の姪との交際の噂話・・・・

ほんとうだろうか なぜ! 

噂話が流れて 一週間  オッコは彼に電話をかけてみたが 

淋しい留守電のメッセージが流れるだけ・・ 彼からの連絡はなかった・・・

なぜ! なぜ! 

結婚の約束をした訳ではなかった・・・だけど 彼の心は自分にあると信じていたオッコ

わからない 彼のきもち・・・ いつしか涙がほほをつたっていた。heant01






  1. 微笑みはいつまでも(小説)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


よみがえる 思い。。。 :: 2008/10/20(Mon)

夢☆その時 彼の手は オッコの手をにぎりしめていた。

「もう。。。行かなきゃ」

後ろ髪をひかれる思いを残し 同窓会の会場へと向かった

その後ろ姿を 彼はいつまでも見つめていた。

何の約束をした訳ではなかった・・夢。。。ただ自然にあふれ出た言葉 だけどどこかに大きな期待をこめていた 


同窓会の会場に入ると

懐かしい顔の皆が互いに話す声がとびかった

中学時代の話ははずみ 笑いの絶えない時間を送り

あっという間に楽しい時間は終わりを告げ 幕は閉じた

しおりは 2次会のメンバー集めに奔走していた

オッコにも誘いをかけて来た しおりに

「ごめんね 今日はもう帰るね みみかも待ってるし でも楽しかった」

そんなオッコに しおりは

「そう・・・無理には誘わないけど これから弾けようと思ったのに 残念だな  
 そうそう・・・ホテルのロビーで逢ってた彼・・・誰なのかまた聞かせてよね あやしいなぁ~
 じゃ 気をつけて帰ってね またね」


                           heant01heant01heant01


皆と別れて ひとり駅のホームで電車を待つオッコ

みみかとあるしんの誕生会での笑顔を思い 楽しかった今日の懐かしい友たちの笑顔に

見え隠れするように 久しぶりに逢った彼の顔が・・・・


mirrorオッコの思いはあの頃へと。。。。。


彼とは かつての恋人だった(オッコはそう思っていた)  

               名前を 早瀬 亮

オッコが大学を卒業して 勤めた会社で知り合い 

同僚からいつしか 恋人へと

また 偶然にも あるしんと彼は大学時代の友人でもあった


そんなオッコが なぜ・・今・・あるしんの妻に。。。。



                           ことり










  1. 微笑みはいつまでも(小説)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


心のすきまに*:..。♡ :: 2008/10/19(Sun)

鳥かごことりオッコがしおりの向こうに見たものは・・・・

一目見てすぐにわかった 彼だと。

大学を卒業して初めて勤めた会社の同僚だった彼

そして いつしか同僚の壁をこえ 恋人だった彼

flower49
彼の方も 驚きの表情でオッコを見つめていた

2人は惹かれるように 歩み寄り 同時にかけたことば・・・

『久しぶりだな オッコ』
「久しぶりね 亮」

瞬間に・・・変わらないしゃべり方 そしてこの声も

忘れてなかった・・彼のこと

彼のほうから
「綺麗になったね オッコ 結婚したんだね」
「ええ・・・・」

と・・・しおりが 「オッコ! 知り合い? もう始まるよ」
「すぐ行くわぁ 先に行ってて・・・」

「ごめんね 亮 今日は同窓会なの・・もう 行かなきゃ」

と・・・背中を向けたオッコの手をつかみ 

「オッコ・・また逢えるかな・・・・・」

heant01heant01heant01heant01heant01
                         うれしかった 恋しかった・・・・

物足りなかった 心のすきまをうめつくすような 彼のことばに

いっきにふくらんだ オッコの心

そして オッコの 口からこぼれるように

「ええ・・・・私も また逢いたい」

そのとき 彼の手は オッコの手をしっかりと握りしめていた。







  1. 微笑みはいつまでも(小説)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


なつかしい友に そして♥。・゚♡ :: 2008/10/13(Mon)

fiower  今。。。。そちらに向かってますよ~お母様ぁ
  と鳴りっぱなしの携帯に向かって叫ぶオッコ
   
   あるしんの実家に到着するやいなや あわてて 義母のもとに・・・

   「お母様 ごめんなさい 電話に出れなくて こちらに向かってる途中で もうつきそうだったので そのまま来ちゃいました」

義母は「いいのよ いいのよ オッコさん まぁ みみかちゃんこんにちは」

その電話の用件とは・・・・・

みみかの誕生日会の準備を やはり手伝って欲しいという事 準備はまかせておいて・・なんていったけど 一緒に準備しようとおもっていた 義母の娘 礼子に仕事の予定が入り・・・一人ではどうしようもなくなったということ。

***あるしんには 5歳下に妹が一人 礼子という 化粧品会社に勤めるキャリアウーマン 未だ結婚の予定はないらしい 都内に一人暮らし***

オッコはそんな忙しく働く義理の妹 礼子とあまり顔を合わすことはなかった
しかし みみかの事はよくかわいがってくれて 誕生日には必ずプレゼントを持ってきてくれる 気のつく妹だった。

義母の用件とは・・・なんだ そんな事だったのかと ほっとした

「大丈夫ですよ お母様 朝から2人でお料理作りましょう  何作りますか? それと ひとつお母様私もその日同窓会の予定が入ってて・・・」

言葉を濁したオッコに 義母は

「まぁ そうなの 何処で? 何時から? 行って来なさいよ 友達は大事にね 懐かしいでしょ」

fiower2

義母の作ってくれた お昼のチャーハンを3人で食べながら 誕生会のメニューは何にしようか ケーキは何処に予約しようか とか 同窓会の話で 盛り上がり 久しぶりに義母とは楽しいひと時が過ごせ 満足した気分で家路にむかったオッコ達でした


ライン


あれこれ 思うまもなく 同窓会と誕生日の日はあっという間におとづれた

みみかとあるしん そしてオッコの3人は 朝から実家に  

大きな声で ハッピーバースデイを歌うみみかを囲んで たのしい ひと時

そして・・・もっとも楽しみにしていた 同窓会はもう あと1時間ではじまる・・・・

あるしんに Sホテルまで送ってもらい ロビーに足を踏み入れたとたん・・・

『オッコ~ 』

と聞き覚えのある声に振り向くと

しおりの顔がオッコの目に飛び込んだ瞬間と同時に  「あっ・・・・」と小さくもれた声

オッコがしおりの向こうに見たものは・・・・・


                      夢☆





  1. 微笑みはいつまでも(小説)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


心はおどる。まわる。はじける。 :: 2008/10/12(Sun)

             水玉

運は私にほほえみかけたのだ・・・オッコはそう思った

butterfryその日の夕食の 昼間の出来事をあるしんに報告

あるしんはあっさりと

「オッコも同窓会に行ってくればいいよ。 みみかのことは俺にまかせて たっぷりと楽しんでくるといいよ 17年ぶりじゃないか」

『ありがとう~* パパ

嬉しさのあまり 両手を挙げて 食卓テーブルの周りをクルクル踊りだしてしまったオッコ

その姿をあるしんとみみかは 面白そうにながめていた

幸せのお手本のような みみかとあるしん そしてオッコの家族

butterfry夕食の片付けも終わり 今日の一日も終わろうとしている

みみかはあるしんとお風呂にはいったので 今日はオッコは一人でゆっくりとお風呂に・・・

湯船に浸かりゆったり まったり 

ひとり満面の笑みを浮かべながら 同窓会には何を着て行こうかなぁ

ちょっと大人の女性も意識したいなぁ 新しい洋服買っちゃいたいなぁ

エステにもいって お肌も磨きたいなぁ・・・・と夢がふくらむばかりのオッコ

ぶんぶんみつばち~・~・~・~ぶんぶんみつばち~・~・~・~・~・~・~・


翌日オッコはみみかをつれてあるしんの実家へ

flower1そう・・・・あるしんの実家はオッコ達のマンションから車で10分位離れた所にある

あるしんは長男 いずれは同居となるだろう。今は自分達だけで生活 しかし実家からあまり

遠く離れないで欲しいとういお母様の言い分を素直に受け 
実家から10分離れたマンションに・・・

何かといえば 電話をしてきて 夕食を一緒に食べないか・・・とか 

作りすぎたから取りにきたら・・とか

今日は一緒にお買い物に行かないか・・・など 

あまり 干渉しないでほしい時もあるオッコではあるが、そこは嫁の立場もあるし 

かわいいみみかのおばあちゃまでもあることだし

たまに2人で食事に出かけたい時は 喜んで預かってくれる
 
そんな義母に感謝することもしばしば。


車を走らせて あと少しで実家に・・・そんな時 またまた義母からの電話が

今。。。。そちらに向かってますよ~お母様ぁ  と鳴りっぱなしの携帯に向かって叫ぶオッコだった






                              







  1. 微笑みはいつまでも(小説)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


運は私に ほほえみかけた。 :: 2008/10/10(Fri)

フラワー携帯の着信音が軽やかに・・・・
その着信者とは

中学時代からの大親友のしおりからだった

『オッコ~ 元気! 同窓会の案内状そっちにも届いた? 
 もちろん行くよね
 なんたって 卒業して以来だから 16、7年ぶりになるものね 
 みんなに会えると思うと今から楽しみよね~』


電話の向こうでは しおりが子供のようにはしゃいでる。

しおりとは正反対に思い口調で答えるオッコ

「それがね ちょうどみみかの誕生日の日じゃない 
 今年は日曜日とも重なって
 実家でお誕生日会開くことになってるのよ」

同窓会に出席したい気持ちはしおりに負けないくらい表現したいオッコ

でも みみかの誕生日会を中途半端にしてまで出席はしたくない・・・

そんな元気のないオッコに しおりは

『そっかぁ~ みみかちゃんの誕生日だったね。 それははずせないねぇ
 でも、お誕生会はお昼でしょ! だったら オッコだけ夕方早めに切り上げて 
それから同窓会にってことも出来るんじゃない? だめなのかな・・・』

なかなか しおりの提案も捨てたものじゃない

「でも・・・お母様が何て言うかなぁ しおり・・・あるしんと相談して
 お母様にも話して・・みるね
 まだ もう少し時間はあるし・・必ず行けるようにチャンスをつかんでみるわぁ」


はぁ*****と重いため息を一つ 

しおりと 久しぶりに話して ますます 同窓会への思いは強くなるばかり

はぁ*****でも みみかもの誕生日会もとっても大事

リビングのソファにとっぷりと座り込み そんな二つの思いを繰り返しながら 

考え込んでいる オッコ

気づけば そろそろ夕食の準備を始めなければいけない時間  

重い腰をソファから持ち上げると  またまた 携帯の軽快な着信音が・・・・・

ライン


その着信者とは・・・なんと お母様ではないか!

いったい何の様で・・・・・ってお母様はよくオッコの携帯に電話してくる

今日は何? また 夕食のおすそわけかしら

「はい 央子です お母様 こんにちは」

【オッコさん 突然だけど みみかちゃんのお誕生日会の日 夕方から別の約束が入ったのよ
 それがね 女学館時代の同窓会なのよ 今日案内状がきてね
 みみかちゃんのお誕生会は
 モチロンしましょうね でもね どうかしら 早めにお開きしちゃてもいいかしらね どうしても 
 この同窓会には参加したいのよ・・・わがままいって悪いのだけど 
 モチロン誕生会の準備は
 私にまかせて お昼少し前から始めて・・・ねえ オッコさん 】

機関銃の様に一気に話す義母に 唖然とする オッコでは あったけど  すかさず あ~チャンス!

「大丈夫ですよ お母様 お誕生日は毎年きます 夕方までには終わりましょ 懐かしい同窓会
 ですもの楽しんでいただきたいですから」

【あら そう ありがとう オッコさん じゃまたね】

はぁ あっさりとしたもの でも・・・でも・・・これで私も 同窓会に行けるチャンスは与えられた

ありがとう! お母様夢 運は 私に ほほえみかけたのだ・・・オッコはそう思った



















  1. 微笑みはいつまでも(小説)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


ふたつの気持ちが 交差して。。。 :: 2008/10/07(Tue)

可愛い草原で


何か刺激が欲しい~

毎日が幸せなはずなのに 心のどこかがそう叫んでる そんな オッコに舞い込んだ一報

ほろほろと春の陽ざしをいっぱい浴びて 若葉の眩しい そんなある日

中学の同窓会の案内状が届いた

卒業して以来 初めての同窓会 懐かしい友の顔が次々に溢れ出してくる

夢
中でも一番の親友のしおり  最近は連絡も途絶えがち・・・ 
みんなどうしているのだろう

確か卒業アルバムがあったはず

さっそく取り出し ページをめくる

次から次と 思い出がオッコの頭をかけめぐり 思いでは尽きない楽しかった中学時代

15歳だった頃の自分にもどっていたオッコに 

『ママ~』 とみみかの声

お昼寝から目覚めたみみかを抱き起こした瞬間 32歳のオッコにもどる現実のむなしさ・・・


rainn


もう一度同窓会の案内状を見て 日時を確認

6月20日 ちょうどその日はみみかの 4回目の誕生日

今年は日曜日が誕生日という事もあって あるしんの実家で誕生日会を行う事になっていた

みみかも子供ながら 今から楽しみにしている日

お誕生日会は お昼を兼ねて・・・同窓会は夕方6時から 

微妙な時間の流れ・・・諦めるのは当然同窓会 とても行けそうにない

でも。。。。懐かしい友とのふれあい 少しでも参加したい  揺れ動く心 夢

悩んでいる オッコのもとに 携帯の着信音が軽やかに流れる・・・・
その着信者とは。。。




  1. 微笑みはいつまでも(小説)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


毎日が平凡それが幸せ でも・・・ :: 2008/10/05(Sun)

町並み★★


私は 沢田央子こと オッコ 32歳の主婦 

結婚して5年目 3歳になる娘 みみかと 食品会社に勤める夫 有信(あるしん)の3人暮らし

毎日が楽しい お料理も お掃除も 育児も 大好きなドリカムの歌を口づさみながら

こんなに幸せでいいのかなぁ

みみかと昼間は過ごす毎日 育児にもゆとりができつつ そろそろ2人目が欲しいなぁ~

パパのあるしんはとっても みみかを可愛がる 目の中に入れても痛くないとはまさにあるしんとみみかのことだろうと 私は毎回感じる

あるしんは私にもとっても優しい 誕生日 結婚記念日は まだ忘れたことがない

休日には必ず3人そろってお買い物に・・・年に一度の家族旅行も・・・

そんな素敵なパパと娘 とっても幸せな日々  なのに どこか物足りなさを感じる私


rainn


今日もとってもいいお天気

みみかをつれて 散歩がてら近くの公園に・・・・・・・・

行けばどうしても ママ達の情報交換の場  話題は 芸能人のニュースや 近所の話

これも 悪くはない  でも 変化がないよ~

何か刺激が欲しい・・・・・・・・・・・







  1. 微笑みはいつまでも(小説)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


はじめまして :: 2008/10/05(Sun)

フラワー

十数年前に 友達何人かと リレー小説をはじめ 書き溜めていたノートが 部屋の片隅から
ひょっこりと現れた事をチャンスに ブログで公開したいなぁと思い始めてみました。

自然消滅してしまい 今では連絡もつかない友達も・・・これを見て気が付いてくれるかなぁとも・・

時々私のつたない日記も交えながら ・・・・・・・
平凡な主婦達がきままに綴った ほんとにほんとに 可愛いお話です
よかったら 立ち寄ってください
コメントも大歓迎です 

   

  



  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。